スマホを触るOLの画像

寝転がってスマホの画像

どうも、webマーケ研究者の宮地です。

先日、Facebookで本の紹介を投稿するときに、

「あ、これワンチャンAmazonアソシエイト適応させときたいな」

と思ってアソシエイトリンクをFacebookで使う方法を調べたので共有します。

またTwitterでの活用方法も同じようなパターンのようなので、まとめておきます。

参考にしてください。

【記事まとめ】AmazonアソシエイトをTwitterやFacebookで活用する方法
方法①PC上で該当商品ページを開き、ヘッダーにあるアソシエイトのSNSボタンを押して投稿
方法②アソシエイト上で商品リンクを作成。投稿に挿入

AmazonアソシエイトをTwitterやFacebookで活用する方法

AmazonアソシエイトをTwitterやFacebookで活用するには、2つの方法があります。

前提として、Amazonアソシエイトプログラムへ登録している必要がありますので、Amazonアソシエイトプログラムへの申請の仕方・合格条件についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

方法①PC上でアソシエイトツールバーから投稿

まず1つ目の方法は、Amazonページ上のアソシエイトツールバーからの投稿です。

これが一番簡単ですので、何もなければアソシエイトツールバーからの投稿をおすすめします。

投稿の仕方は、紹介したいページにアクセスし、ヘッダーにある該当SNSボタンを押すだけで投稿することができます。

アソシエイト連携投稿画面の画像

(商品リンク画像は見えなくしているので悪しからず)

方法②アソシエイトホームで商品リンクを生成し、短縮したリンクを投稿

もう1つの方法がアソシエイトホームから商品リンクを生成し、短縮したリンクを投稿することです。

ホームから商品リンクをクリックし、

 

商品URLの画像

短縮URL作成の画像

「リンク作成」横の▼をクリックし、「短縮URLはこちら」で短縮URLを作成します。

このURLをSNS投稿時に貼り付ければ、完了です。

ただこの時、Amazonアソシエイトで指定されている「除外商品」と「除外マーチャント」のリンクを生成しないように注意が必要です。

「除外商品」と「除外マーチャント」は以下の通りです。除外商品や除外マーチャントの商品を手動でリンク生成しないようにしましょう。

除外商品(購入されても手数料は入りません)
・Amazonフレッシュ
・Amazon Dash Button
・アマゾン・サイトからリンクされるサイトにて販売される製品またはサービス
・「デジタル商品」の定義に含まれている商品以外の、アマゾン・サイト上で販売されるその他のデジタル製品またはサービス
除外マーチャント
・THE BODY SHOP

 

【注意事項】連携していないSNSでのリンク貼りは規約違反です

TwitterやFacebook、アメブロ、ライブドアブログなどはAmazonアソシエイトと連携しているサービスです。

これらのサービスでは、Amazonアソシエイトで生成されたリンクを貼り付け収益を得ることができます。

 

ただ、Amazonアソシエイトで生成したリンクを連携していないサービスに貼り付けることができません。

誤って貼り付けた場合、報酬が支払われないなどのペナルティがあります。

その辺りも含めて、しっかりとアソシエイトの運営規約を熟読しましょう(僕は今回の件で初めて目を通しました)。

アソシエイトの運営規約はこちらから

 

ルールを守って楽しくAmazonアソシエイトを活用

SNSAmazonアソシエイトを活用する方法を紹介しました。改めておさらいしてみましょう。

【記事まとめ】AmazonアソシエイトをTwitterやFacebookで活用する方法
方法①PC上で該当商品ページを開き、ヘッダーにあるアソシエイトツールバーのSNSボタンを押して投稿
方法②アソシエイト上で商品リンクを作成。短縮URLを生成し、投稿に挿入

Amazonアソシエイトに登録している人なら誰でも簡単にSNSへ投稿できることがわかりました。

「これからは自分の勉強投稿については、もれなくアソシエイトのリンクを貼ろう」

そう思った調査結果でした。

それではまた次回お会いしましょう。

 

Twitterやってます。よかったらお友達になりましょう。

おすすめの記事