【説明できますか?】noindexとnofollowの違いと設定方法

どうも、宮地誠心です。

起業tv」というサイトを運営しているWebマーケターです。

さて、問題です。タイトルの通りですが、「noindex」と「nofollow」の違いは何でしょうか?

SEOをかじっている人なら答えられるはずです。

noindex
クローラーにインデックスされた記事が検索順位に表示させないようにする
nofollow
クローラーにページ内にあるリンクを辿らないように命令し、ページ内のリンク先に行かないようにする

今回は「noindex」と「nofollow」についての記事です。

もう少し詳しく解説していきます。

 

noindexとは

noindexを設定すると、設定された記事が検索順位に表示されなくなります

クローラーがGoogleのデータベースにインデックスされた情報を削除するとよく勘違いされますが、正確にはnoindexは検索順位に表示されなくなるだけで、Googleのデータベースにインデックス自体は行われています

 

したがって、ベージランク等の経験値がリセットされることはありません。

間違ってnoindexに設定してしまったとしても、焦らずにnoindexを外せば時間の経過である程度までは元どおりになります。

※ただし、長い期間noindexを設定しておくと「検索結果に必要のないページ」と判断され、データベースからインデックスされたデータが削除されます。情報元:English Google Webmaster Central office-hours hangout

noindexはなぜ使用されるのか

noindexは検索順位に反映させても意味がないページに使用します。

例えば、会員登録後のThank youページや管理画面へのアクセスページなどです。

それらのページをnoindexに設定しておくことで、ユーザーにとって価値が低いページを検索結果に表示させないことができます。

結果的にサイト全体の評価が向上を見込むことができるだけでなく、管理画面への不正アクセスを防ぐリスクヘッジにもなります。

wordpressやブログサービスのほとんどは設定されているので心配ありませんが、自分で一から作る方は設定が必要です。

 

nofollowとは

nofollowを設定すると、クローラーが記事内のリンクをたどる行為を禁止できます

記事内のリンクとはその名の通り、記事に貼られていあるあらゆるリンクのことです。

なぜnofollowを使用するのか

nofollowは、記事内に貼る外部リンクの信頼できそうにない場合やクローラーの効率を上げるために使用します。

記事内でリンクを設置した外部サイトが悪質なものであれば、その影響を受けてしまいます。

そのリスクヘッジとしてnofollowが活用できます。

自身のブログやメディアの価値を高めるには、基本的に悪質なサイトを引用しないことが懸命です。

悪質なサイトへ被リンクを送らないことが通常です。

したがってnofollowの使用の目的は”クローラーのサイト巡回の効率化”になります。

会員登録ページやログインページ、お問合せページのクロール巡回をnofollowによって禁止することで、その分サイト内のクロールの効率が上がり、結果としてリライトをして上位表示させたい力を入れている記事への評価を促進させることに繋がります。

 

noindex・nofollowの設定方法

noindexとnofollowの設定は、使用しているCMSによって様々です。

共通の方法は、noindexを適用したいページに<head>〜</head>に以下を記述することです。

noindexは以下を設定しよう
<meta name=”robots” content=”noindex”>
nofollowは以下を挿入しよう
<meta name=”robots” content=”nofollow”>

CMSとしてwordpressを使用している方は、プラグイン「All in One SEO」で設定できます。

また有料テーマなどでは元々デフォルトでnoindexを設定できる機能があります。

 

noindex・nofollowを適切に扱って良いSEOライフを

noindexやnofollowはSEO対策の1つとして適切に使用する必要があります。

ブログやメディアを立ち上げ当初に作成した、リライトすることもないゴミ記事は削除ではなく、「noindex」にするだけでも効果が見込めるかもしれません。

noindex・nofollowを駆使して効率的なサイト運営を目指しましょう。

今回はここまで。

twiiterでwebマーケティングに関する発信しています。

よかったらフォローお願いします。

おすすめの記事