【自動ツイート】twittbotで自分アカウントをbot化する方法を紹介

動画の再生回数(=クリック数)を伸ばす”3Bの法則”っていうのがあるらしくて。

Beauty(美人) Beast(動物) Baby(赤ちゃん)のBをとったものだそうです。

 

「お、なんか興味ありそうな記事やし、美人が風呂入ってるからクリックしてみるか。美人が風呂入ってるし」

とこの記事をクリックしたあなた。

 

僕の罠にはまりましたね。

 

ということで最後まで記事を読みましょう。

 

どうも、宮地誠心です。

月間30万pvのサイトを運営しているWebマーケターです。

冒頭の茶番は全く関係なく、今回は自分のツイッターアカウントをbot化できる「twittbot」の紹介をします。

無料で自動つぶやきを設定できる本当に便利なサービスです。

 

twittbotとは?

出典:twittbot.net

twittbotとは、バンプアップ株式会社が運営するツイッターのアカウントをbot化するサービスです。

基本利用無料で、700ツイートまでつぶやきを登録することができます

登録されたツイートは、時間指定配信やランダム配信、時間間隔指定などで設定することができ、無料とは思えない機能の豊富さです。

 

twittbotを使ってみよう

では、twittbotを実際に使ってみましょう。

 

①twittbotへアカウントを連携させる

まずは、twittbotで自身のアカウントを連携させます。

twittbotへアクセスしましょう。

アクセスすると以下のような画面になります。

まずは「LOGIN」をクリックして、twiiterアカウントとの連携をします。

進めるとこんな感じで連携ができます。

アプリを認証すると次に進めます。

 

②twittbotを使って自動ツイートの登録をしてみる

twiiterとのアカウント連携ができた方は以下のような画面になります。

 

「つぶやき登録」をクリックします。

 

「つぶやき登録」をクリックすると上の画像に飛びます。

登録がまだな方は何も表示されていないと思います。

僕は8つのツイートを登録しているので、以下登録つぶやきが表示されています。

ツイート内容を入力し、「つぶやき追加」をクリック。

これで、登録完了です。

最後にツイートの頻度を設定します。

 

③自動ツイートの頻度設定

最後にツイートの頻度を設定していきます。

「詳細設定」をクリックします。

この画面で、

・つぶやき状態:自動ツイートのオンオフを切り替えられます。

・つぶやき順番:登録ツイートの発信順番を設定できます。

・つぶやき間隔:何時間に1回呟くか

を設定します。

 

基本的に先述した3点を設定し、更新ボタンを押せば完了です。

これであなたのアカウントにbot機能が付与されました。

 

bot化の活用も検討してみる

自分のアカウントをbot化することは、ユーザー接点数が増える反面、botを使っているなという印象を与えてしまいます。

アカウントをbot化する際は、本当にbot化をする必要があるのかどうか検討しましょう。

 

ちなみに僕は、記事をbotで流し、その時思ったことや考察などを手動でツイートするようにしています。

使い方は人それぞれですので、ぜひあなたの戦略にあった活用をしてみてください。

 

 

おすすめの記事