【激安キーボード】Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードレビュー記事

この記事は、ANKERから販売されているANKERウルトラスリムBluetoothキーボード(AK-A7726)レビュー記事です。

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの画像

どうも、みやじんです。

作業デスクを構築する時に購入した「ANKERウルトラスリムBluetoothキーボード(AK-A7726)」を使い始めて3ヶ月ほど経ちましたので、良かった点や気をつけるべき点をレビューしていきたいと思います!

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを使用して良かった5つのポイント【本音レビュー】

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードのスペックはこちら。

スペック
・型式:AK-776(ブラックAK-7726111/ホワイトAK-7726121)
・サイズ:28.4 x 12.2 x 1.85cm
・重量:約190g
・接続方式:Bluetooth
・対応OS:IOS/Android/Mac/Windows
・キーボード配列:US配列
・バッテリー:単4電池x2
ワイヤレスキーボードの中でも、群を抜いて軽いキーボードなのが特徴です。
使い始めて3ヶ月。価格くらいの性能なのかと思いきや、期待値を大きく越え大変満足しています。
実際に、ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを使ってみて良かった点を5つご紹介します。

良い点①圧倒的コスパ!

まず何と言っても、その圧倒的なコスパが抜きん出ています。

2,000円でBluetoothワイヤレスキーボードが入手できる時代なんですねぇ(感嘆)。

もちろん僕もそのコスパで購入を決めました。

作業デスク構築時に予算があったので、ゲーミングキーボードは一旦断念して購入という流れです。

結果、「しばらくこれでいんじゃね!」という気持ちになっているので最高です。

みやじん
コスパ良すぎて脳汁止まらない……

良い点②接続が超スムーズ!

ANKERウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボードの良いところは、なんと言っても接続が簡単でスムーズな点です。

Bluetooth接続の画像

届いてから電池を入れ、Bluetooth接続キー(Fn+Zキー長押し)で接続すれば、後は電池が続く限り自動的に接続され、使い始めることができます。

機器が苦手な方でも、この簡単さであれば容易に使いこなすことができると思います。

良い点③超軽量&コンパクト!

他の持ち運びキーボードに比べ、軽い素材を使用しているので、持ち運びに嵩張らず、テンキーもないので小さめのカバンにも入りやすいです。

かさばらなくて、iPadにも接続ができるので、旅行にも連れていきやすい子です。

ホテルや旅館で作業する時に重宝します(そんなのブロガーくらいですかね)。

 

良い点④心地よいストローク・打鍵感!

安いキーボードだからといって、打鍵感が悪いわけではありません。

深目のストロークで、しっかりとタイピングしているフィードバックがあります。

記事を書き始めると、勢いがついていく打鍵感です。

良い点⑤iOS対応キーボード

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの画像

MacbookやiPadユーザーには、正直これが一番響くかもしれません。

Windows配列のキーボードが世の中の大半を占める中、iOSファーストに作られたキーボードは滅多にないのです。

もちろんWindowsファーストのキーボードでも使えますが、やはり普段と違う位置にキーがあることは微妙なストレスになります。

 

このストレスは、かなーーりちりつもです。

僕が他の良質なゲーミングキーボードの購入に踏み切れない要因はここにあります。

iOSユーザーの方は、まずこれを使ってみて欲しいです。また、今Windows用のキーボードを使用しているMacユーザーの方は一回試してみてください。

ストレスフリーとはこのことか!ってなるはずです。

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードで気をつけるべき点

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを買う時に気をつけるべく点はこちらです。

・キーボードがUS配列 / Mac用キーボード配列
・テンキーはなし
・電池式(別途購入必要)、なお残量はわからず(青く点滅するが)

キーボードはUS配列で日本語が書いていません。かつ、Mac用のキーボード配列です。

Ctrlキーやaltキーなどがなく、代わりにCommandキーやOptionキーと記載されたキーが配置されています。

僕は業務でもプライベートでもUS配列のMacbookProを使用しているので問題ありませんでしたが、普段JIS配列を使用している方は気をつけましょう。

またテンキーがないサイズのものになるので、テンキーをよく使う方は別のキーボードを選ぶ必要があります。

【無線キーボード】困ったらANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを買ってみよう!

ということで、ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを使ってみて3ヶ月で分かった良いところ・悪いところのレビューでした。

正直この価格ならお釣りがくるような性能だと思います。

ワイヤレスキーボードの購入を初めて検討する方は、一度ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを購入してみてはいかがでしょうか。

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

【twitter】

https://twitter.com/11mi_se14

【Youtube】

https://www.youtube.com/channel/UCEmYD2oaOrKAkzSf3pMJr_A

おすすめの記事