【設置後即回線スイスイ!】Wi-Fi中継器「TP-Link RE330」レビュー

怒っている人の画像

「家のWi-Fiが遅ーーーーーーーーーい!!!!!!!」

とうとう堪忍袋の緒が切れました。家のWi-Fiがどう考えても遅い。。。

PS4にApexダウンロードしようとしたら、総合計ダウンロード時間が16時間と言われ、行動せざるをえませんでした。

 

遅すぎるでしょ!16時間は!クソが!

……。

 

本体箱画像

 

中身の画像

 

ということで、今回は怒りを収めてくれたWi-Fi中継器「TP-Link RE330」をレビューしていきたいと思います。

【設置後回線スイスイ!】Wi-Fi中継器「TP-Link RE330」レビュー

泳ぐ人の画像

ネット回線の速度が遅い原因は色々あります。

・そもそもプロバイダ選定が悪い

・古いルーターを使っている

・IPv4を選択している

・2.4Ghz帯を使っている

などなど。

 

今回の僕も家の回線が遅い理由は「家の構造上、無線が届きにくい」です。

これを解消するには、Wi-Fiルーターの中継器を設置するのが一番効果的だと判断し、即断即決。

いったんTP-Link RE330という安めの中継器を購入しました。

効果が出れば、後々上位互換を検討すれば良いし、これで満足できればオールOKだし、失敗しても痛くない金額ということで。

 

Amazon Prime会員なので翌日にしっかりと配達されました。アマプラ最高。
Amazon Prime会員の詳細はこちらから

今回購入したTP-Link RE330はコンセント挿入タイプの中継器で、他社のルーターとの互換性のあるタイプです。

僕が持っているルーターはBUFFALOなので、互換性があるタイプを選びました。

速度は、5.0GHz帯で867Mbps、2.4GHz帯で300Mbps。TP-Linkから出ている中継の中では、やや遅い部類ですが、家庭用Wi-Fiなので問題ありません。

 

中継器中身の画像

中身は、本体と説明書だけ。素晴らしい。

 

早速接続を試してみます。

まずは、ルーターのそばのコンセントに中継器を挿入。

コンセントに中継器をさした画像

ルーターとの接続は全てスマホアプリで完結します。これが素晴らしい。

アプリ機種選択画面 中継器起動前画像 ルーターを検索する画像

ルーター検索結果画像 設定完了画面

デバイスを選択して、中継器が稼働していることを確認すると、周辺のルーターを検索してくれます。

対象のルーターを選び、パスワードを入力するだけで準備は完了です。

 

あとは、ルーターとルーターの電波が届かない場所の中間地点あたりに、中継器を設置すれば準備完了です。

 

「ルーター名_EXT」が新たに出現するので、それを選択すれば開通です。

 

簡単すぎる!!!(米倉涼子風)

 

結果の速度はこちら。

 

2.4GHz帯速度変化

2.4Gz本体 ⇨ 2.4Gz中継器

 

5.0GHz帯速度変化

5.0Gz本体  ⇨ 5.0Gz中継器

 

はい、明確です。劇的に回線速度が上がりました。

まあ、単純にルーターとの距離が近くなったと考えれば当たり前の話なんですよね。

 

今まで遅いなぁとイライラした時間がもったいない!

あの時に戻って、「今すぐ中継器を買え!」と言いたくなります。

 

結果、上りも下りも心地よい速度になりました。

もし、今Wi-Fiの速度が遅いと感じている方、中継器をおくことで解決できるのであれば、ぜひ!!お勧めします。

 

【Twitterもよかったらぜひ】
一番活発です。ぜひフォローしてください。
https://twitter.com/11mi_se14

【Youtubeチャンネルはこちら】

https://www.youtube.com/channel/UCEmYD2oaOrKAkzSf3pMJr_A

 

【ここまで読んでいただいた方へおすすめ】

 

 

 

おすすめの記事