別シート値参照サムネイル画像

Googleでスプレッドシートを利用しているときに、

「別のシートから値を持ってきたい」

と言うことが何回かあり、調べましたのでご紹介します。

【保存版】スプレッドシートで別シートから値を参照する方法

シート別対応の画像

上画像のように、スプレッドシートをまたいで値を参照したい場合はどうすれば良いのでしょうか。

スプレッドシートで別シートから値を参照するには、IMPORTRANGE関数を使用します。

IMPORTRANGE("参照したいスプレッドシートのURL", "A1")
IMPORTRANGE関数の中には、値を参照したいスプレッドシートのURLもしくはスプレッドキー(https://docs.google.com/spreadsheets/d/ここがスプレッドキーです/)と、参照したい値が入力されているセルを指定します。
セルは、「A1:C1」のように範囲を指定してあげることもできます。

実際に別スプレッドシートから数値を参照してみる

スプレッドシートの画面をみながら、実際に別スプレッドシートから数値を参照してみます。

参照したいシートの画像

値を持ってきたいシートの画像

「参照したいデータが入ったシート」と「値を持ってきたいシート」のスプレッドシートを別々に用意します。

予め、「参照したいデータが入ったシート」には、A1にテキスト「miyalog」を打ち込んでいます。

 

IMPORTRANGE関数を入力している画像

値を持ってきたいシートの任意のセルに、下記のように打ち込みます。

=IMPORTRANGE("参照したいスプレッドシートのURL", "A1")
アクセス許可のエラーが出る画像
すると、上画像のようにシートのアクセス許可を求めるアラートが鳴ります。
アクセスを許可をクリックすると、
参照成功シートの画像
A1にシートから値が参照されました。
ちなみに、単なる値だけでなく、計算結果や任意の範囲のセルの値も参照できます。

IMPORTRANGE関数を活用してスプレッドシートを跨いで値を参照してみよう

同一スプレッドシート内の値はコピー&ペーストできますが、スプレッドシート自体が別ですとコピー&ペーストでは値を参照できないと言うことを覚えておきましょう。

IMPORTRANGE("参照したいスプレッドシートのURL", "A1")

IMPORTRANGE関数を活用して、値を再度手入力しなければならないような手間を省いて、仕事を効率化していきましょう。

 

【仕事の効率化を図ろうシリーズ】

おすすめの記事