【Macbook】メモアプリで取り消し線のショートカットキーを設定する方法

どうも、みやじんです。

取り消し線って便利ですよね。こういうやつです。

僕はevernoteもgoogleドキュメントもスプレッドシートも、もちろんブログも取り消し線を多用します。

過去の情報を残したいけれど、消したということを分かりやすくするために、取り消し線は非常に重宝します。

 

けれど、普段から愛用しているmacbooのメモアプリでは取り消し線がないのです。

厳密に言えば、あるにはあるのですが、ショートカットキーになっておらず、使いにくいのです。

というわけで!今回はMacbookのメモアプリで取り消し線のショートカットキーを設定する方法を紹介します。

メモアプリで取り消し線のショートカットキーを設定する方法
①システム環境設定からキーボードを開く
②ショートカットタブを開きアプリケーションを選択し「+」をクリック
③アプリケーションをメモ、ショートカット名を取り消し線、ショートカットをshift+command+xにて登録

【Macbook】メモアプリで取り消し線のショートカットキーを設定する方法

メモアプリを仕事でもプライベートでも、毎日使っている僕からすれば、取り消し線が使えないのは、ボディーブローのようにストレスでした。

メモ取り消し線の選択画像

フォーマットから深く入れば、ありはします。

ただわざわざ、ここまで深く入って取り消し線を使いたくはないです。

ということで、ショートカットキーを割り振る方法が判明したのでご紹介します。

システム環境設定からキーボードを選択する画像

アプリケーションのショートカットキーを選択する画像

システム環境設定から「キーボード」を選択し、その中からショートカットを選びます。

アプリケーションを選択して、「+」を押します。

メモショートカットを設定する画像

ショートカットキーを登録するポップアップが出てきます。

ここでアプリケーションを「メモ」、メニュータイトル「取り消し線」、キーボードショートカット「shift+command+x」を入力し、追加します。

取り消し線ショートカットが登録された画像

これで、メモアプリにて取り消し線のショートカットキーが登録されました!

 

実際に試してみます。

 

取り消し線実施画像

取り消し線実施にて、ショートカットが作動していることを確認できました。

これでメモアプリライフも安泰です。

 

Macbookのメモアプリでの取り消し線は、ショートカットキー登録をしよう

1つのショートカットキーの習得が、これまでとは見違える生産性の向上につながるものです。

取り消し線もわざわざメニューから選択したり、諦めてストレスを抱えながら他の手段で代替したりすると、チリが積み重なって山となります。

ぜひ取り消し線を使いたい方は登録してみてください。

 

【ここまで読んだ方へおすすめ記事】

 

 

おすすめの記事