【拡張機能で一発】Youtubeの動画広告を非表示にする方法

どうも、昨日提出した勤怠に記載されていた自分の残業時間に引いたwebマーケ研究者宮地です。

そんな残業時間のオトモとして、Youtubeなどで作業bgmをかけながら仕事をすることもあるのですが、そこで気になるのが合間合間に入ってくる動画広告。

仕事への集中を阻害してくるわけです。じゃあ聞かないようにするとか、AmazonPrimeいけよという声は一旦無視します。

(Youtubeでしか聴けないものだってたくさんあるんだよ!)

おそらくこの悩み・課題を抱えているサラリーマンは我が国にたくさんいるはずです。

集中してきたぞ!っていうタイミングで必ずと言っていいほど入ってくる動画広告をブロックすることができれば、この国のGDPは飛躍的に上昇するんじゃないかって思うわけですよ(嘘です、ごめんなさい)。

というわけで、Youtubeの動画広告をブロックする方法がわかったので、ご紹介します。

すごく簡単です。一発です。

※今回ご紹介するのは、Google ChromeとSafariでの動画広告ブロック機能ですFireFoxは下記記事を参照ください

一発でYouTubeの動画広告をブロックする方法

Youtubeの動画広告を非表示にする方法「Google Chrome編」

まずは、Google ChromeでYoutubeの動画広告を非表示にする方法です。

非表示はChromeの拡張機能を活用します。

「Adblock Plus」をインストール、以上

Chromeでは、拡張機能である「Adblock Plus」をインストールすれば良いだけです。

adblock plus

以下リンクをクリックするか、chromeウェブストアを開き「Adblock Plus」を検索し、インストールします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/adblock-plus-free-ad-bloc/cfhdojbkjhnklbpkdaibdccddilifddb?hl=ja

これで作業は完了です。

adblock機能確認画像

上画像のように「ABP」マークが表示されていれば成功です。

Youtubeの動画広告を非表示にする方法「Safari編」

次にSafariでの動画広告を非表示にする方法を紹介します。

Safariも同様に拡張機能を使用します。

①「Adblock Plus for Safari」をApp storeよりダウンロード

appstoreでの検索画面

まず、App storeを開き「Adblock Plus for Safari」をダウンロードしてください(上画像ではPlus版ではありませんが、基本どちらでも構いません)。

先ほどのChromeとは違い、ダウンロードしただけでは広告ブロック機能は働きません。

Safariに機能を追加する必要があります。

②ダウンロードした「Adblock Plus for Safari」を開き、拡張機能を追加する

次に、ダウンロードした「Adblock Plus for Safari」を開きます。

adblock初期画面

そうすると、機能追加の表示が出ますので、そのまま進み、指示の通り「Adblock Engine」と「Adblock Icon」にチェックを入れます。

機能追加の表示が切り替わり変更されたと出たら完了です。

Youtubeを開き、任意の動画を開いてみてください。

Adblockが働いている画像(safari版)

上画像のように、adblockのアイコンが出ていれば成功です。これでYoutubeの動画広告はブロックすることができました。

 

広告ブロック機能で良いネットライフを

万座毛

広告ブロック機能は、普段のネットサーフィンの時もですし、仕事で使うPCであれば尚更追加しておきたい機能です。

今回紹介したアプリケーション以外にも広告ブロックアプリは数多くありますので、自分に適したものを探してみてください。

【この記事を読んだ方にオススメの記事です!】

おすすめの記事