テロップ自動化タイトル画像

どうも、Webマーケ研究家の宮地です。

動画制作を趣味でやっているのですが、その時に思ったことが

「テロップ作りめんどくせぇ」

でした。

なんとか効率できないか調べたところ、CSVシートでテロップをまとめ、Photoshopから自動生成できるとのことで紹介します。


【生産性爆上】Photoshopでファイルを読み込み、テロップを自動生成する方法

Photoshopを使って、テロップを自動生成する方法は以下の通りです。

テロップ自動生成手順
①自動生成用のテロップが入力されたCSVを用意
②テロップを生成するためのpsdファイルを用意
③psdファイル上で、変換するテロップに変数を設定
④「データセットから書き出し」
テキストで簡単にまとめてみましたが、これだけでは何のこっちゃという感じですので、画像を用いて説明していきます。

①自動生成用のテロップが入力されたCSVファイルを用意

まずは自動ではき出したいテロップを準備していきます。

エクセルの最初の行編集画像

エクセルを立ち上げ、1列目の頭に「nubmer」、2列目の頭に「telop」と打ちます。

ちなみにこの「number」「telop」のテキスト自体は何でも良いです。

 

エクセルへ入力作業の画像

その後、1列目には数字を順番に、2列目には挿入したいテロップを入力していきます。

psdファイルで生成した時に、1行が1ファイルになるイメージです。

ちなみに、セル内の改行は反映されますので、1行が長くなる場合は改行しておくと後工程が楽です。

 

CSVファイル保存の画像

ここまでできたら、ファイルをCSVで保存します。

UTF-8など細かい設定は考えず、ただのコンマ区切りのCSVファイルで保存しましょう。

これでCSVファイルの用意は完了です。

 

②テロップを生成するためのpsdファイルを用意

テロップを生成するための元となるpsdファイルを用意していきます。

 

Photoshopレイヤーフォルダの画像

Photoshopを立ち上げ、任意のサイズでファイルを新規作成します。

次に、「1」という名前のフォルダと「2」という名前のフォルダを用意します(名前は任意で結構です)。

 

不透明0%の画像

「1」フォルダの中で、任意のテキストを作成し、透明にします(不透明0%)。

 

テロップ用テキスト画像

「2」フォルダの中で、任意のテキストを作成します。

ここのテキストのフォントが自動生成される時のデザインになるので、フォント種類・色・大きさ・行間をあらかじめ調整しておきましょう

これで、自動生成される元となるファイルが出来上がりました。

 

③psdファイル上で、変換するテロップに変数を設定

次は、各フォルダ内のテキストへ変数を指定していきます。

変数を選択している画像

イメージ>変数>変数をクリックします。

 

変数設定画面の照合

レイヤーから「1」フォルダ内のテキストを選択します。

 

変数設定画面

テキストの置き換えにチェックを入れ、CSVファイルの1列目頭のテキストを入力します。
ここでは、テキスト「number」と入力することになりますね。

入力後、「OK」を押します。

 

変数設定2行目

再度、「2」フォルダ内のテキストにも同じ作業を実施します。
ここでは、2列目頭のテキストである「telop」を入力しています。

入力後、「OK」を押します。

これで変数の設定が完了しました。

④データセットから書き出しをする

それでは、いよいよ書き出していきます。

まずは、作成したエクセルファイルを閉じてください

エクセルファイルを開いた状態だと正常に書き出し後行われません

データセットクリック画像

次に、イメージ>変数>データセットをクリックします。

 

読み込み画像

「読み込み」をクリックし、先ほど作成したCSVファイルを選択し、「OK」をクリックします。

 

変数対応完了の画像

すると、先ほど設定した変数の値に、CSVファイルのテキストが適応されていることがわかります。

これにて準備完了です。

 

データセットから書き出すの画像

ファイル>書き出し>データーセットからファイル…をクリックします。

 

書き出し設定の画像

フォルダー選択で、書き出し先を設定したら、「OK」ボタンをクリックします。

これでCSVファイルが読み込まれ、準備していたテキストが元のテキストのデザインで書き出されていきます。

 

書き出し後画像

選択したフォルダで書き出されいます。

1つ目書き出し画像

3つ目書き出し画像

CSVファイルのテキストが反映されていることが確認できます。改行も反映されていますね。

これでいちいち入力せずにテロップを大量生産することが可能です。


 

Photoshopでテロップを自動生成して生産性をアップしよう

ここまで紹介したCSVファイルからテロップを生成する方法は、テロップのデザインが統一されているものであれば、非常に便利な機能です。

重要なのは元psdファイルのデザインですので、しっかりと納得のデザインを作り込んでからテロップを生成していきましょう。

 

【この記事を読んだ方におすすめしたい記事たち】

 

おすすめの記事