Googleアナリティクス4プロパティに切り替えた話・使用感について話します

「2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。」

昔からGoogleアナリティクスを使っている方なら、この文言に見覚えはあるでしょう。

常に上に表示されてるやつです。

UI/UXがアップデートされるというイベントは、ブロガーだけでなく、どんな方にとっても腰が重いものでしょう。

かくいう僕もその一人です。

WordPressの最新版のUI/UXが嫌で、プラグインを入れて昔のインターフェースで触る始末。

(余談ですがTwitterでこんなアンケートを取ってみました画像)

とはいえ。食わず嫌いも良くないし、どうせ変わるなら先に慣れておいた方が得なのは自明。

……ふむ。もうそろそろ移行しておくか。

ということで、ようやく重い腰を上げて、Googleアナリティクス4プロパティに切り替えた話と使用感について書いていきます。

Googleアナリティクス4プロパティに切り替えた

アナリティクス更新バナー画像

まずは上部に表示されているバナーの「開始」をクリック。

やったりますかぁ。

GA4設定アシスタントの画像

そうすると、「GA4設定アシスタント」なるものが開きました。

プロパティを作成するのは初めてなので、問答無用で「はじめに」をクリック。

新しいプロパティを作成する画像

よく分からんが、とりあえず「プロパティを作成」であることには間違いない。

プロパティ接続された画像

!?

……もうできたっぽい。楽チンやん……。

とりあえず促されるがままに「GA4プロパティを確認」をクリック。

ガイドスタートの画像

アシスタントの設定という画面に遷移し、GA4の使い方についてのガイドが始まりました。

 

GA4新メニューの画像

そしてこちらがGA4の新メニュー。

……おお、やっぱり結構変わるのね。けど、そこまで慣れるまでに時間は掛からなさそう。

言われるがまま「レポート」をクリック。

 

新レポート画面

これがGA4のレポートのダッシュボードというわけですね。

データはこれからですが、今までと変わらずユーザー数が見れると……。

なんだこの「平均エンゲージメント時間」っていうのは??? これまでは「平均閲覧時間」とかだったよね。

さてはて。とりあえず先に進めてみます。

探索ダッシュボード画像

「探索」では、任意の形式でユーザー行動の分析をするためのツールが備わっているようです。

これは使いやすくなった印象。見た目がすっきりして、目的別に分析をすることができそうです。

あとは広告の場所、アカウント設定、各種設定の場所は変わらずといった感じでした。

意外に簡単にできましたね。

数日後……慣れないインターフェース笑

GA4の新プレビュー画面

うーん、この。慣れないですが、アナリティクスが変更になったということは、重要な指標が変わったというGoogleからのアナウンスかもしれないということで慣れていこうと思います。

 

GA4に慣れて最新のGoogleのデータに触れよう

食わず嫌いは良くないということで、GA4にアップデートしたお話でした。

実際はデータをこれから貯めていくので、どんな見え方になるのかは楽しみですが、どうやら計測方法が大きく変わったらしいですね。

計測単位がページ数からユーザー数に、計測方法がセッションからイベントに変更となったようです。

まあ、見た目や計測される値が変わったからといって、左右されることなくこれまで通り計測⇨仮説⇨実行⇨振り返り、このPDCAサイクルを回すだけというところです。

GA4これから慣れていきたいですが、それよりもWordPressの「Gutenberg」の方が腰が重いんだよなぁ……。

ここまで読んでいただきありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。

 

【こんな記事読んでいきませんか?】

 

おすすめの記事