成果報酬型広告(アフィリエイト)をSNSで実現できるサービス「SOLECT」が事前登録開始

カップ麺の画像

最近コンビニ飯に追いカップ麺が止まらない。

どうも、Webマーケ研究者宮地です。

本業でメディアをやっている手前、PRTIMESをよく見ているのですが、今回面白いプレスリリースを発見しました。

そのキャッチフレーズは「SNSを活用したオススメの成果報酬」。

最近twitterをかなり戦略的に運営している僕としては、非常に興味惹かれるキャッチコピーです。

今回は、2019年春リリース予定のSNSを活用したオススメの成果報酬サービス「SOLECT」をご紹介します。

なお、当リリースの運営元に許可を得た上での紹介です。プレスリリースはこちら

SNSを活用した成果報酬型広告サービス「SOLECT」

「SOLECT」は、商品を紹介し、購入されれば手数料が入る、いわゆるアフィリエイト(成果報酬型広告)をSNSで実現できるサービスです。

株式会社inflife(代表:押田はるか氏)が提供予定の「SOLECT」は、サービスリリースを2019年春としており、現在事前登録を開始しています。

事前登録はこちらから:https://inflife.co.jp/preregist/

 

「SOLECT」のビジネスモデル

「SOLECT」のビジネスモデルは、ざっくり従来のアフィエイトと同じ仕組みのようです。

ただビジネスモデルとしては同様の形でも、それを利用するユーザー側のタイプはこれまでとは一線を画します

従来のアフィリエイトでは、”ブログ”や”メディア”という良質なコンテンツ媒体ありきのモデルでした。

今回の「SOLECT」では、ユーザーはtwitterなどのSNSを活用することとなります。

つまり媒体を持つ必要がないのです。

もちろんSNSアカウントを持っている必要はありますが、格段と成果報酬型広告の敷居が下がることとなります。

 

「SOLECT」の使い方4ステップ

今回のプレスリリースで掲載されている「SOLECT」の導入ステップをご紹介します。

①SNSでログイン

②サービス画面上でオススメ商品を探して選択

③SNSに投稿

④投稿から成約が発生したら、報酬ゲット

今までの成果報酬型広告がSNSという媒体で簡単に実現できるということがわかります。

 

サービス誕生の背景

「SOLECT」は、代表の押田氏が過去運営していた小説投稿サイトのユーザーやSNSの友人から本の紹介をしてほしいと相談されたことから着想を得て、誕生したそうです。

情報が飽和し、大量に消費される現代において、信頼している人や友人からの口コミの重要性が増していることは明らかですよね。

収益目的でなくても、商品をオススメして買ってもらったら少しだけお小遣いがもらえるそんな幸せな世界が実現できるかもしれません。お互いハッピーです。

僕なんか口を開けば、金色のガッシュ!!とMacbookとかオススメしまくってるので、物凄く使ってみたいサービスです。

 

「SOLECT」は、SNSへムーブメントを起こすサービスである

2019年春からのサービス開始となりますが、間違いなくムーブメントを起こすことになりそうです。

インフルエンサー界隈だけでなく、著名人の利用などが知れ渡ると一気にレイトマジョリティーまで広がりそうな可能性を感じます。

Webマーケ研究者として、今年のムーブメントの1つになると確信しておりますで、サービスリリースを心待ちにしております。

成果報酬型広告をSNSで!「SOCECT」の事前登録はこちらから

おすすめの記事